想定外の内容でガラスが割られる時って言うのはありますよね、この時にガラスが割られたことで、保険は適用されるのか?もしくは、ガラスが割れてしまった際に、どのような保険が適用されるのか凄く気になりますよね?ガラスが割られた際に、どのような保険が適用されるのか?また、ガラストラブルの種類については、どのようなトラブルがあるのかと言うことについて解説させて頂きたいと思います。

窓ガラス保険の種類について

窓ガラス保険については、どのような種類があるのでしょうか?ガラス保険に適用される保険としては様々な種類のものがあります。代表的なガラスに適用される保険の内容としましては、「家庭総合保険」としまして、火災や風水害の自然災害のケースから、日常生活に際してのちょっとした破損等を含まれるケースにつきまして、幅広く補償してくださる家庭に起こり得る全般の内容の中に、ガラス補償が含まれるのですが、加入するプランにもよりますが、大過半数の保険内容で、ガラスが補償される形となります。「火災保険」につきましては、火災保険でもほとんどの保険にガラスの割れに対する補償がセットになっているケースが多く、風災補償にガラスの項目が含まれるものとなっております。火災だけに適用されると言うのは、違っており、ガラス補償がついているものが多いです。「店舗総合保険」は、災害や事故による損害を補償してくれる保険内容であります。火災、水漏れ、店舗の破壊や、店舗のガラス修理についても補償の範囲内として適用してくれます。

窓ガラス保険が適用される具体例について

窓ガラス保険が適用される具体例としましては、事例としましては、よくある災害事例で、例えば、近所の公園で、子供達がサッカーをしており、一人の子が強く蹴ったボールが自宅に侵入してしまい、そのまま窓ガラスに直撃して、窓ガラスが割れてしまったと言うケースや、引っ越しや家具の移動を伴う作業について、椅子を持ち上げてウロウロしている時に、窓ガラスに当たってしまい、窓ガラスが割れてしまったケースや、強風によって飛来物が窓ガラスに直撃して窓ガラスが割れてしまうと言うケース、泥棒が自宅に侵入する際に窓ガラスを割って侵入してしまい、窓ガラスが割れてしまうケースや、自然現象である熱割れで窓ガラスが割れてしまうこと等もあります。それぞれのケースに応じた内容が保険内容に盛り込まれているか確認することも重要です。

保険を申請する際の注意点について

ガラスで割れた状態について、保険を申請する際の注意点としましては、事故の事例につきまして、免責金額を確認して、また、災害の事例によっての自己負担額を確認しておくことが重要です。実際にその保険が適用されるかによりましても、契約している保険会社で適用が異なる形となりますので、ガラス修理の補償を受け取るためにも、その辺りを明確に把握しておかなくてはなりません。また、備えておいた方が良いものも存在しますので、保険会社によって異なることを認識して、保険会社ごとの特徴を捉えておくのが良いと思われます。 

まとめ

ガラス割れによる保険は「家庭総合保険」「火災保険」「店舗総合保険」と言う代表的なガラス割れによる保険が適用される保険となりますので、認識して頂きたいと思います。ただ、ガラス割れの状況に伴いまして、保険が全額適用されるかどうかと言う問題も発生しますので、自分自身が加入したいガラス割れが適用される保険で状況によっての自分自身の負担割合を認識しておくのが良いかと思われます。