多くの方々が窓ガラスの割れを何回か経験する中で、初めてガラスが割れてしまい、困惑される方もおられたハズであると思います。ガラスが割れる過程での、問題としまして、「ガラス修理業者さんをお呼びしたとして、ガラス修理が完了するまでの時間はどれ位であるのか?」と言う点で非常に悩まれる方も多いと思われます。実は、ガラスの修理となります、ガラスの交換作業につきましては、プロにお任せすることで、実はそんなにも時間がかからないことが分かっております。ガラスの交換作業に要する時間としましては、建造物の種類や、窓環境、窓の種類、ガラスの種類と大きさにより、金額や時間が変わる形になります。その時間についての時間や、期間について掘り下げて行きたいと思います。

窓ガラス修理における所要時間について

窓ガラス修理における所要時間について、一戸建ての通常の窓では、30分程度の施工時間で完了できる形となります。標準では、30分~1時間程度は作業時間として掛かってしまうことを想定して頂ければと思います。

特殊な窓ガラスでなければ、即日交換できること

特殊な種類の窓ガラスでなければ、実は、一般的な窓ガラスを積んで車で巡回されているケースがありますので、ガラス屋さんは、常に、ある程度のガラスを積載して、現場を巡回しておりますので、すぐに交換できる可能性があります。即日交換が可能なガラスとしましては、「フロートガラス」「すりガラス」「網入りガラス」が一般的によく出回っているガラスでありますので、災害がよく発生する時期や、長期休暇の時期であれば、品薄になっている可能性がありますので、すぐに交換できない場合もあります。

即日の交換がほぼ不可能なガラスの種類について

即日の交換がほぼ不可能なガラスの種類につきましては、ペアガラスとしまして、複層ガラスや、断熱ガラス、防犯合わせガラス、サイズが大きいガラスにつきましては、一般的に特殊ガラスとなりますので、一旦持ち帰られるケースが高いので、即日では修正できない、交換できない可能性があります。

ガラス別での作業時間について

ガラス別での作業時間としまして、大まかな一般的な種類のガラスでの、作業時間について記載させて頂きたいと思います。フロートガラスでは、作業時間は、30分~60分、型板ガラスでは、作業時間は、30分~+60分等、ほとんどの一般的なガラスについて、作業時間が、30分~60分程度で終わらせることができるものであります。作業時間をより早く意識して頂き場合としましては、ガラス屋さんに連絡して頂いた際に、「ガラスの種類が何であるのか?」と言う点と、「ガラスの大きさはどれ位であるのか?」と言う点と、「割れた場所がどこなのか?」と言うのを明確に伝えることができますと、それだけ準備も早く済ませることができ、更に、現場に急行した際にも、効率的な作業を意識して取り掛かることができる形となりますので、是非、修理依頼する際に、少しでも早い作業時間で仕上げて頂くために重要な内容となるものであります。

まとめ

一般的なガラスと、特殊ガラスとでは、作業時間にかなりの差が発生することが明確となりました。一般的なガラス交換であれば、ガラス屋さんは、ある程度の一般的なガラスを積載されて、巡回している場合がありますので、その際に、現場へ急行して、すぐ作業に取り掛かることができます。この時の作業時間の目安としましては、30分~60分前後です。特殊ガラスについては、一日以上かかると思い、依頼されるのが望ましいと思われます。