窓ガラスを修理する際に値段について気になる所であります。窓ガラスが割れてしまった時のことを想定しまして、窓ガラス修理に掛かる値段につきまして、解説させて頂くのですが、やはり窓ガラスが割れてしまいましたら、ガラスの後片付けは手袋等を装着して、手が傷つかないように事後処理を実施しますが、応急処置はどのようにすれば、良いのか戸惑う方もいらっしゃると思います。

窓ガラス修理を依頼する前に

窓ガラス修理を依頼する前の、窓ガラスが割れた際の応急処置としましては、まずは前述したとおり、怪我をしないように、ガラスの破片を放置せずにすぐに後片付けを実施します。まずは、「必要な道具を準備すること」としまして、ゴム手袋や、上履きや掃除機等を準備します。次に「大きな破片を軍手やゴム手袋で拾います。」この際に注意すべき点としましては、大きな破片なので、分厚い手袋を準備することです。次に、「ほうきやちりとりを使って、小さいガラスの破片を集めます。」微細なガラス等もほうきれ取れる可能性がありますが、まずは、ほうきである程度のガラスを除去します。そして、さらに微細で小さなガラスの粉を掃除機で吸います。これを怠りますと、経験があるのですが、普通に床を歩きました際にガラスを踏んで怪我をしてしまいます。最終段階の工程としましては、濡らした新聞紙や、雑巾で、見えない細かい破片を完全に取り除きます。ガラス用の袋を用意してひとまとめに廃棄できるようにします。この手順こそが、ガラスが割れた際での業者さんに交換して頂くまでの応急処置となります。

窓ガラス修理代金について

窓ガラス修理代金の相場としましては、主にガラス代金と施工料金を合算した料金が合計の工賃として請求される形となります。例えば、ガラスのサイズが、横30cm×縦90cmの場合での厚さ2mmの透明ガラスを一枚交換したい場合の値段としましては、ガラス代金が4000円で、施工料金が12000円となります。そして、合計料金が16000円となります。これはあくまで、とある業者さんでの一例の参考価格でありますので、ガラスの交換費用につきましては、「種類」「サイズ」「暑さ」で大きく異なります。

窓ガラス修理相場について

窓ガラス修理相場の価格につきましては、ごくごく一般的なノーマルな、タイプでの窓ガラスの相場につきましては、およそ10000円~15000円程であります。これは、ガラス代金と施工料金を合算した料金であります。しかし、これが、ガラスの種類が異なる場合につきましては、ガラスの料金としましても、跳ね上がる形となります。例えば、修理したいガラスのタイプが、防犯用での強化ガラスであれば、費用相場が、30000円程跳ね上がることもあります。

家の窓ガラスの修理はいくら程するのか?

家の窓ガラスの修理につきましては、いくら程するのか?と言う形で、漠然と気になる方も居られると思います。ごく一般的な、透明ガラスの場合では、ガラスの種類やガラスの厚さ、ガラスの形状にもよりますが、9000円~18000円程度で交換ができます。大体一般のガラスのサイズでの形状としましては、90cm×90cmで想定されていることが多いです。これが、すり板ガラスでは、9000円~15000円前後、網入りガラスでは、19000円~30000円程度、型板ガラスでは、9000円~15000円程度となります。これらの指標を把握しておくことで、一つのグレードの上のガラスに交換して頂く場合におきましても、目安として参考にして頂ける形となります。

まとめ

普段ガラスの交換と言うのは、日常の生活で意識しない場面でありますが、子供が調子に乗ったり、野球を家の中でしてしまった際に、親が安心しきっている時に限りまして、「ガシャン!」と言う音で、窓ガラスが割れてしまう音を聞いて、そこからの対応に焦られることと思われます。まずは、ガラスが割れた場合につきましては、前述させて頂きました。子供のために、迅速にガラスの収集を道具を揃えて落ち着いて実施して頂き、子供を別の安全な場所に移動させて、完全にガラスを除去して頂いてから、表記させて頂きましたガラスの参考価格を元にしまして、ガラス屋さんに問い合わせて頂きたいと思います。